会社案内 Company

会社概要・沿革

会社概要

社名 株式会社 誠和 SEIWA CO., LTD.
創業 1968年2月11日
設立 1971年4月20日
本社 〒329-0412 栃木県下野市柴262-10
TEL 0285-44-1114
FAX 0285-44-1755
URL http://www.seiwa-ltd.jp
代表取締役 大出祐造
取締役 新堀行男/片山 茂
資本金 9,980万円
従業員数 158名(2016.4.1現在)
事業内容
  • (1) 施設園芸用の環境制御機器、養液栽培システム、省エネ・省力機器の製造販売
  • (2) 大規模プラントの開発、製造、販売
  • (3) 流通事業構築
国内事業所 7ヵ所
取引銀行 三井住友銀行
みずほ銀行
日本政策金融公庫
足利銀行
商工組合中央金庫
りそな銀行

沿革

2017年 8月 トマトパーク事業を分社し、株式会社トマトパークを設立
2016年 4月 新RW栽培システム「SHガターDuo」「スイコーマンα」「給液名人かけるくん」製造販売を開始
オランダ/GreenQ社、DLV Plant社と合併によりDelphy(デルフィー)社を設立
それに伴い、「株式会社GreenQ Japan」を「株式会社Delphy Japan(デルフィージャパン)」に社名変更
5月 日本最高峰のトマト栽培施設、トマトパーク開設
2015年 4月 本社を栃木県下野市へ移転
「LSスクリーン」全世界名称統一に伴い、各種ラインナップ名を「テンパ」「ラクソス」「ソラロ」「オブスキュラ」へ名称変更
9月 栽培を次のステージへ、統合環境制御盤「プロファインダーNext80」販売開始
同時に会員向けクラウドサービス「友の会Progredi(プログレディ)」開始
2014年 4月 最先端農業技術を学ぶ”新時代農業塾”を開講
栽培コンサルタント事業を主目的とした「株式会社GreenQ Japan」をオランダ王国GreenQ.B.V.と共同出資で設立
10月 新機能性肥料”ペンタキープハイパー5000″の製造販売を開始
国賓として来日されたオランダ国王王妃両陛下を前に、株式会社誠和とGreenQ.B.V.の調印式を執り行う
2013年 10月 本社を東京都台東区上野6丁目6番1号へ移転
11月 小金井工場に研修センター兼本部棟を建設し、小金井工場を小金井事業所に名称変更
館林営業所を小金井事業所に移転し、小金井営業所に名称変更
2011年 5月 ハウス内環境測定器”プロファインダー”の製造販売を開始
8月 施設園芸先進国オランダを巡る”第1回オランダ最新バラ生産技術視察ツアー”を催行
9月 “第1回オランダ最新トマト生産技術視察ツアー”を催行
10月 “ペンタキープ”の効果を増強・持続させる”ペンタキープフレンド”の製造販売を開始
2010年 4月 パイプハウス向けカーテン装置”SHハンディ”の製造販売を開始
10月 ゙くるファミソーラー゙の製造販売を開始。
12月 本社を東京都台東区台東4丁目18番7号へ移転
2009年 3月 メディエス事業を売却
2008年 2月 小山工場を完全撤廃
2007年 4月 超低コスト耐候性ハウス ゙トラストップ45゙ 製造販売を開始
゙ESS静電噴霧機゙ 販売開始
新・機能性肥料 ゙ペンタキープS゙ 販売開始
2005年 8月 超低コスト耐候性ハウス野菜茶業研究所 武豊野茶研究所拠点に建設
10月 省エネカーテン ゙ツインカーテン゙ ゙サイドキーパー゙ 製造販売を開始
゙トンネルネオ゙ のモニター販売を開始
2004年 4月 新育苗システム ゙楽苗゙ (ロックウール用)の製造販売を開始
新いちご栽培システム ゙いちごステーション゙ 製造販売を開始
2003年 2月 電動式簡易巻取換気装置 ゙でんくる゙ の製造販売を開始
4月 誠和オリジナルラック式カーテン装置 ゙SHラッグ の製造販売を開始
新栽培システム ゙樽゙ の製造販売を開始
新育苗システム ゙楽苗(土耕用)゙ のモニター販売を開始
4月 パイプハウスの天井換気装置 ゙天風流゙ のモニター販売を開始
2002年 1月 新機能性肥料 ゙ペンタキープV゙ の製造販売を開始
4月 育苗用暖房装置 ゙楽苗ヒーターマッド の製造販売を開始
゙XLSスクリーン゙ 発売開始
2001年 10月 土になる鉢 ゙fertil pot゙ の輸入販売を開始
電子式サーモスタット ゙Aceサーモ゙ 本格的に製造販売を開始
2000年 4月 POフィルム専用止め具 ゙POロッグ と ゙トップJ゙ の製造販売を開始
パイプハウス結露水対策用 ゙ハイスイッド の製造販売を開始
自動天窓開閉装置 ゙天爽快゙ の製造販売を開始
谷部自動巻上換気 ゙ウインドリーマー゙ の製造販売を開始
10月 植物栄養補助剤 ゙ペンタキープA゙ の製造販売を開始
1999年 4月 フィルム止め具 ゙SHパッカー゙ の製造販売を開始
7月 ゙水耕名人たくみくん゙ の製造販売を開始
9月 サイド自動巻取装置 ゙くるくるAce゙ の製造販売を開始
12月 養液栽培用単肥 ゙かんたんぴ゙ の製造販売を開始
1998年 4月 誘引作物自動防除装置 ゙モンキーシャワー゙ の製造販売を開始
11月  いちごランナー保持具 ゙ランナーピン゙ の製造販売を開始
1997年 1月 ゙くるくる゙ の改良品の製造販売を開始
6月 自動換気装置 ゙ウィンドマスター゙ の製造販売を開始
1996年 5月 防災タイプLSスクリーン ゙ULSレボラックズ の販売を開始
育苗トレイ ゙カセットレイ゙ の製造販売を開始
8月 ロックウール栽培用トマト専用肥料 ゙とまとの恵゙ の製造販売を開始
10月 ナイヤガラ育苗システム ゙発根くん゙ の製造販売を開始
1995年 2月 空中採苗式゙ナイヤガラ育苗システム゙ の製造販売を開始
5月 シェード専用LSスクリーン ゙LSオブスキュラ゙ の販売を開始
1993年 11月 ゙ニジクメイド 改良品の製造販売を開始
12月 無電力自走式散水装置 ゙雨車゙ の製造販売を開始
1992年 4月 移動ベンチ ゙ロータリーベンヂ の販売を開始
9月 LSスクリーン ゙ULS゙ タイプの販売を開始
10月 巻取式カーテン装置 ゙グリンローラー゙ の製造販売を開始
自動換気装置 ゙スーパークール゙ の製造販売を開始
1991年 5月 多目的細霧システム ゙アクアウィング50型゙ の製造販売を開始
9月 自走防除装置 ゙アクアビーグル゙ の販売を開始
1990年 5月 花芽分化促進装置 ゙夜冷装置゙ の製造販売を開始
゙LSスクリーン゙ の5年間保証制度の開始
手動式簡易巻取装置 ゙くるっ子M゙の製造販売を開始
1988年 5月 サイド換気装置 ゙くるくる100゙ の製造販売を開始
1987年 9月 高精度カーテン ゙グリンラッグ の製造販売を開始
1985年 4月 社名を株式会社誠和に変更
7月 ゙ロックウール栽培システム゙ と ゙ロックウール育苗システム゙ の製造販売を開始
1984年 9月 スウェーデン/スベンソン社の輸入総代理店権利を取得し ゙LSスクリーン゙ の販売を開始
1982年 4月 自動カーテン巻取開閉装置 ゙RX-2゙ の製造販売を開始
9月 自動巻取カーテン装置 ゙くる巻゙ の製造販売を開始
1981年 4月 栽培に関する研究をスタート
1979年 11月 自動パイプ換気装置 ゙スカイローラー゙ の製造販売を開始
1978年 11月 サイド換気装置 ゙くるくる゙ の製造販売を開始
1972年 12月 本社を東京都中央区八丁堀へ移転
1971年 4月 組織を変更し誠和化学株式会社を東京都中央区新川に設立
9月 ゙パイプカーテン゙ の製造販売を開始
1970年 2月 自動カーテン装置の製造販売を開始
三井物産株式会社を全国代理店に指定
1968年 2月 誠和化学工業所創業
プラスチック成形品の製造販売を開始
4月 ゙ダクトリング゙ の製造販売を開始し施設園芸業界へ進出
伊藤忠肥料販売株式会社を全国代理店に指定
ページの先頭へ