農場の風

オランダだより -第13便- 2009年9月30日

イスラエルの農産物の輸出における寄与率の変化


Agritech2009の様子


家庭排水のろ過装置と給水装置


帯水層の水を利用したミニトマト栽培


帯水層の水を利用した砂漠でのオリーブ栽培





イスラエル

今回はイスラエルの園芸についてご紹介します。5月5日~7日にテルアビブにて、Agritech2009という園芸に関する展示会が開催されましたので参加しました。前回の2006年にも訪問しましたので今回は2回目のイスラエルです。テルアビブへは、アムステルダムから直行便で約5時間の距離です。ヨーロッパ人にとってイスラエルはリゾート地であり、特に今年からはロシア人もビザが必要なくなったということで、たくさんの人が灼熱の太陽を求めて紅海のリゾート地に来ているそうです。日本人にとってはパレスチナ問題、ガザ地区侵攻などのイメージが強いイスラエルですが、エルサレム、死海、紅海など観光地としても大変お勧めです

Agritech2009

Agritech2009は、イスラエルで最大の農業に関する展示会です(写真1)。イスラエルの農業は、砂漠気候をうまく活用しながら発達し現在は輸出産業になっています。特に、野菜の輸出が増加しており(図1)、ほとんどの野菜生産者がグローバルギャップを取得しています。そのため、冬場の欧州の野菜市場ではオランダの競合国となっています。イスラエルの国土面積は日本の四国ほどの大きさですが、南北に細長く南下するほど乾燥した砂漠気候になります。砂漠といっても、夏季を除いては園芸作物の栽培には大変適した気候条件で、ほとんどのハウスでは加温設備なしで果菜類が栽培されています。しかし、水資源が乏しいため灌水技術が非常に高く、輸出にも力を入れており、展示会も灌水に関するものが多いのが特徴です。出展企業は約200社、来場者は世界100カ国以上から約25,000人となっています。灌水は農業では必須の技術なため、世界中からの来場者がいるのが特徴です。ただ、世界不況のためか前回よりも規模が20%ほど小さくなっており、イスラエルを代表する灌水メーカーと肥料メーカーの出展がありませんでした。オランダで毎年開催されているHortiFairもそうですが、近年市場占有率の高い大手企業にとっては展示会の価値も変わってきたのかもしれません。今年の展示会では、中国とインドからの団体の来場者の多さに驚きました。おおよそ来場者の20~30%は、中国人とインド人のように思いました。もしかしたら、もっと多いかもしれません。あるインド人に話を聞いてみたところ、イスラエルの灌水メーカーが来場を呼びかけているそうです。また、中国人向けの灌水に関するセミナーも開催されていました。一方日本人は、2日間で見かけた方は数名と言ったところでしょうか?やはり日本人にとっては、イスラエルは遠い国なのでしょうか?次回は、2012年5月15日~17日に開催予定です。興味のある方は、ぜひ参加してみてください。なお、イスラエルの出国検査は世界一厳しいのでそれだけは了解しておいてください。荷物を全部開けられて、手続きに3時間かかりました。

水資源と作物

ほとんど雨が降らないイスラエルでの農業は、露地栽培、施設栽培を問わず灌水が必要になります。その場合、灌水用の水源として何を利用するかが一番の課題です。「水はタダ」という考えの日本ではあまり考えられないことですが、世界的には水は有限な資源で効率的な活用方法が求められています。イスラエルでは、通常灌水には上水道を利用しているそうですが、価格がおおよそ100円/m3(日本の上水道の価格とほぼ同じ)と高く、他の水源を色々と模索しているそうです。 その水源として注目されている一つ目が家庭排水です。この場合、水質に問題がある場合があるのでBOD(生物化学的酸素要求量)とCOD(化学的酸素要求量)を調査しながら使用しているそうです(写真2)。現在のところは花卉のみで利用されており、果樹では生食用のブドウで試験がされているそうです。なお、野菜に関しては安全性が不明なため利用が見送られています。二つ目の水源は帯水層です。帯水層とは、ほとんど動かない地下水域のことです。オランダの半閉鎖型ハウスで熱を溜めるために使っている帯水層と同じです(オランダだより第12便参照)。イスラエルにも、地下200m程度に帯水層があるのですが、塩分濃度が高いため今まで関心が寄せられていなかったそうです。帯水層を利用開始した当初は、上水と帯水層の水を混合して使用していましたが、現在では帯水層の水のみで栽培している作物もあるそうです。トマトやパプリカでは帯水層の水を利用することで、品質と日持ちが良くなったそうです。日本で言う高EC栽培です。この場合、肥料は微量要素のみを追加すればよい場合もあり肥料代の節約にもなるそうです。栽培方法は施設内での土耕栽培ですので、塩類集積が懸念されるところですが、定期的に上水のみを灌水することでこの問題は解決できるそうです。日本人から見ると、この話は本当かと疑うような内容ですが、砂嵐が起こるようなサラサラした砂地での栽培ですから、ロックウール栽培のように容易に除塩ができるようです。現在では、帯水層の水を利用した栽培の可能性が確認できたため、高EC灌水でも栽培可能な台木や品種の選抜も行っていました。見学したミニトマトハウスでの給液はEC9だそうです(写真3)。またオリーブなどの果樹栽培にも帯水層の水が利用されています(写真4)。この場合、オリーブの品質が非常に良くなり、オイルの採取量は200%になったそうです。帯水層の水を利用したオリーブ栽培では塩類集積の問題があるそうですが、マルチをすることで解決できるそうです。なお、イスラエルでの果樹栽培も輸出向けが主力で、以前は柑橘類が多かったそうですが価格が暴落したため、現在は世界的に需要が高まっているオリーブが増えているそうです。

 

お知らせ

農場見学にいらっしゃいませんか。 見学申し込み、最新の農場の状況は下の関連リンクより・・・

 

 ■関連リンク・PDFファイル

このページを印刷したい方は、ここをクリックしてください。〔pdf〕ファイル

小金井工場見学・お申込はこちら

最新の農場の状況についてのご質問・お問合せはこちら

一覧へ戻る

関連情報

関連商品

関連製品はありません。

関連資料

関連資料はありません。

ページの先頭へ