オススメ製品 Recommend

「スマート農業技術実証・公開見学会」を開催いたしました

2019年08月05日

 

 この度、農林水産省平成30年度補正予算の「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」により採択された「施設園芸コンテンツ連携コンソーシアム」による公開見学会を実施いたしました。
 
 
 本コンソーシアムは、弊社を含めた9機関で構成されているコンソーシアムであり、今年度から2年間にわたり、トマトの生産に必要な栽培環境、生体情報、労務管理、販売物情報等を可視化し、収量増やコスト削減を実現するクラウドコンテンツによるスマート農業技術の実証に取り組みます。
 
 
 2019年7月31日(水)に開催された公開見学会は弊社本社内、実証農場であるトマトパークにて開催され、95名の方にご参加いただき、本コンソーシアムでの取組内容を発表致しました。
 
 日本の農業の更なる発展のために取り組んでいきます。
 
 
※スマート農業とは?
⇒ロボット技術、情報通信技術(ICT)やAIを活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現、推進している新しい農業の取組のことです。

 

*スマート農業実証プロジェクトにおける取り組み内容等のご紹介
農林水産省作成パンフレット:トマトパークの取り組みは20ページに掲載しております。ぜひご覧ください。

ページの先頭へ