高生産性を実現する誠和の考え方 Integrated

私たち誠和は、商品開発および販売において「統合環境制御」という考え方を大切にしています。このページでは「統合環境制御」の概要やその考え方に基づく誠和の取り組みなどをご紹介いたします。

統合環境制御の概要

統合環境制御が重要である5つの理由

ハウス栽培・施設園芸において、生産性を向上させるためには、栽培施設内の各種環境因子をモニタリングし、高度に制御する統合環境制御の考え方が重要です。統合環境制御(Integratedもしくは Integrative Environmental Control)とは、光、温度、湿度、風、養水分などの植物の生育に関連する数多くの環境因子をより高い次元から統合的に制御することです。この制御方法では、植物の光合成速度を最大限に高めることはもちろんですが、化石燃料や水などの投入資源利用効率なども考慮する必要があります。
これらを踏まえ、施設園芸において統合環境制御が重要である理由は次の5つです。

施設園芸において統合環境制御が重要である理由

  • 1. 投入資源(化石燃料、水、肥料、光など)利用効率の向上
  • 2. 湿度に起因する病害発生の抑制
  • 3. 減化学農薬栽培による生産コスト・労力削減
  • 4. 安全・安心な農産物の供給
  • 5. 光合成速度の増大による収量向上

「統合環境制御」で植物の成長量を増大

統合環境制御の有効性の模式図を下図に示します。光合成有効放射束(日射)の増加により植物の光合成速度は増大しますが、ある地点で光飽和となります。しかし、温度だけではなく、気流速度、CO2濃度と、各種環境因子を順次統合的に制御していくと光合成量は増大し、さらに光飽和点となる日射の値も高くなります。このように各種環境をバランス良く積極的に制御することができれば植物の成長量を今以上に増大させることができます。

図-1 統合環境制御と光合成速度の変化模式図(古在、2009) 葉面積当り正味光合成速度(任意スケール) 光合成有効放射束 (任意スケール) A:温度制御 B:気流速度制御 C:CO2 D:水蒸気飽差(または湿度)制御 E:養分吸収・水吸収制御

日本の4倍もの高収量を実現、オランダ式統合環境制御技術

現在、施設園芸先進国であるオランダの単位面積あたりのトマト収量は年々増加を続けており、70kg/㎡に達している生産者も珍しくありません。これは面積あたりの収量はわが国の3~4倍に相当します。その理由にはいくつかの要因が挙げられますが、品種の違いを除くとオランダの方が統合環境制御に関する技術力が高く、それを実現する施設構造や機器が装備されているためと考えられます。

「光合成」と環境づくりにこだわる生産者さまに誠和がおすすめする商品

前項で挙げた施設園芸において統合環境制御が重要である理由のひとつに、「光合成速度の増大による収量向上」がありました。「光合成」のエネルギーとなる『光』は最も重要な環境要因です。よって、光以外の環境因子を理想的に制御し光を唯一の制限因子となるように光合成速度を増大させることが収量向上のために重要です。誠和では、光合成速度の増大のための商品を取り揃えております。ここでは代表的な商品を紹介します。

ペンタキープ

ペンタキープは、5-アミノレブリン酸(5-ALA)を世界ではじめて配合した肥料です。
5-アミノレブリン酸は、動植物の生体内に含まれる天然アミノ酸で、血液中のヘモグロビンやクロロフィル(葉緑素)の原料となる、生物にとって非常に重要なアミノ酸です。
ペンタキープには、この5-アミノレブリン酸(5-ALA)が配合されているため、クロロフィル(葉緑素)を効率的に増やすことができます。このように理にかなった機構で作物に作用する「ペンタキープ」だからこそ、「光合成を高めたい」とお考えの生産者のみなさまに自信をもっておすすめしています。

LSスクリーン

内張りスクリーンが備えるべき機能(採光性・収束性・保温性・遮光遮熱性・湿度コントロールなど)をすべて兼ね備えた究極のカーテンスクリーン、それがLSスクリーンです。1%でも光を多く採り入れるための素材や構造、作物の光合成速度増大のための散乱光等による光利用効率の向上など、多くのこだわりから生まれた高品質なLSスクリーンは、施設園芸先進国オランダをはじめ、環境制御を重要視している世界中の生産者の方々に認められています。作物にとって最適なハウス内環境をつくるためには、様々な環境因子の制御を必要とします。それを適切に手助けできる質の高いカーテンスクリーン「LSスクリーン」だからこそ、ハウス内環境づくりにこだわる生産者のみなさまに自信をもっておすすめしています。

プロファインダー(環境測定器)

理想のハウス内環境をつくるためには、統合環境制御が重要ですが、どのように環境を制御するかは、まずハウス内環境や作物がどのような状態にあるかをモニタリングする必要があります。プロファインダーは、施設園芸・植物生産に特化した環境測定器です。
ご自身のハウス内環境を把握したい、環境制御を実践したい生産者のみなさまにおすすめしています。

マキシマイザー(環境制御システム)

刻々と変化するハウス外環境にあわせて、ハウス内環境を制御するには、各種機器の非常に複雑なきめ細かい操作を必要とします。マキシマイザーは、1台のコンピュータによって施設内の機器を集中管理することで統合的な環境制御を可能にします。ハウス内の理想環境値を設定し、天窓やカーテン等の各種機器の動作条件を入力することで、コンピュータ制御により効率良く理想的な環境を実現いたします。各種環境因子をより高い次元から積極的に制御したい生産者のみなさまにおすすめしています。

各種イベント・セミナーについて

全国各地で統合環境制御に関するセミナーや、プロファインダーユーザーさま向けの勉強会、世界で活躍する栽培コンサルタントによるセミナーツアーを随時開催しております。ご自身の栽培上の課題解決をお考えの生産者のみなさまはぜひご参加ください。
イベント・セミナー情報をはじめ、「農場の風」等の更新情報等を、メルマガ配信しておりますのでぜひご登録ください。

ページの先頭へ