植物工場導入検討中のみなさまへ

誠和が。提案する提案する植物工場

なるほど施設栽培

施設栽培のメリット

【農業なのに安定生産】
天候に左右されない栽培環境をコントロールできるため、工業に近い形で安定的に生産できる
【農業なのに計画経営】
生産が安定しているため、計画的な経営可能
①農業のデメリットを解消

施設栽培の採算性

②単純ですが…儲かるためには売上>経費

先進国オランダの施設栽培経営

【収穫量】

100t/10aを目指せる統合環境制御技術の飽くなき追求と技術革新

販売単価…独自の流通網を構築

【初期投資】

規格統一がなされているため資材のコストダウンが実現

(高収量のための設備に答えがでている)

省力設備(徹底的な機械化)

労務管理システム

③100t/10aも可能にする先進技術
機械化による人件費の削減 収穫量を最大にする生産技術 高生産性とコストダウンで計画的な収益確保

なるほど太陽光利用

需要が高い作物の選定

【一世帯あたりの年間野菜購入金額(品目別)】

①需要が高い「トマト」が良い!

トマトのような果菜類の栽培には、たくさんの光を必要とするため、太陽光利用型植物工場が適しています。

②太陽光利用型植物工場

太陽光は無料です

  • 成長のための基本エネルギー「光」は無料、重要なことは生産性を高める栽培ノウハウと環境制御技術
  • 作物の栽培は、制御要素(変数)が数百!因果関係が直線的でなく網の目状で、しかも成長過程で作物の構造と機能は時々刻々と変化成長する
③コンピューター管理による高度な環境制御技術

大規模の実証農場の運営経験が農場運営をアシスト

【トマトパーク】
施設園芸の最先端を行く日本最高峰のトマト栽培施設

 
④実規模での農場運営で培った経験と蓄積された栽培ノウハウが事業の成功へ
需要の高い果菜類には 太陽光利用型植物工場で高度な環境制御

なるほど光合成

成長の基本「光合成」高生産のための環境制御

作物の生産性を高めるためには、光合成を最大にする必要があります。
果菜類の場合、葉で、光合成によってつくられた糖を収穫物である果実に送る転流もまた重要であり、葉ものに比べて栽培管理も複雑になるため、より高い技術を要します。

光合成を最大にする環境づくり=統合環境制御

【統合環境制御とは】

成長に必要なさまざまな環境因子を統合的にコントロールし、 光合成速度が最大になるように調和したハウス内環境をつくりだす。
そのために必須の技術が‘統合環境制御’です。

①高生産=光合成能力最大化のための環境作り
【栽培施設の制御モデル】
統合環境制御で光合成能力を最大に!目指せ 50t/10アール の高生産

なるほど生産設備

高収量のために必要な設備

施設栽培は生産設備はしっかりと…
不備によるリスクを回避し高収量を安定的に確保することが採算性を高めます。

①必要な設備仕様と根拠
  • 【軒高 4.5m】

「Horti Partner」の推奨品種栽培で、収穫位置を収穫しやすい高さにすると成長点がGL4.0mのところまできます。

  • 【高透明性】

1%の光の増減でも、そのまま収量の増減につながるため、高い透明度が必要です。

②植物工場の「要」統合環境制御システムと各種制御設備

施設栽培の「要」となる「統合環境制御型」の制御システムとそれに対応した、天窓、側窓、などの設備、スクリーン、給液装置、暖房装置、CO2発生装置などの環境制御設備をそろえることが必要です。

③栽培のノウハウに基づいた制御値設定データベース

設備が最高であっても、それを効率よく稼働させるノウハウがなくては、投資も無駄になります。栽培実績を基に構築した制御値設定のデータを提供します。

土地柄、栽培品種にあわせたミニマムな設備投資を提案

土地柄、栽培品種によっては不要または初期投資としては不要な設備もあります。
不要なもの、必要なものを見極めた適切な設計により、投資を最小に抑えるアドバイスを致します

④必要最低限の設備投資のアドバイス
植物生理を考えた目から鱗の生産設備 最大の効果を得られる最小限の投資をアドバイス

なるほどまるごとサポート

経営計画のサポート

①栽培計画とランニングコストの設計

②収支計画の作成

資金調達・その他情報のご提供
  • 政府補助金の情報提供と補助金取得時の計画書づくりのサポート
  • 計画地における優遇措置などの情報提供
  • 地域資源を最大限利用した形のご提案

栽培のサポート

④事前研修の受け入れ体勢

農場管理者の育成は栽培施設運営の大きなカギを握ります。
必要不可欠な知識の習得と安心できるサポートネットワークの構築には、事前の準備が大切です。

トマトパークアカデミー

⑤栽培フォロー体勢
  • 実践に沿ったバックアップ体制を全社を上げてサポートします。
  • マキシマイザーのデータを共通言語として解析・診断・アドバイスを行い、農場立上〜自立まで徹底的にお付き合いします。

資材・情報提供のサポート

⑥日常の資材調達

全国に広がるネットワークにより、導入後の必要資材・消耗品のご提供や新商品情報など、タイムリーなフォロー体制も整っています。

⑦情報の提供

新商品情報はもとより、ネットワークによる最新の栽培技術情報をアカデミックレベルで早期に入手可能。
全国のユーザーからの情報も豊富

資金調達アドバイスから、収支計画、栽培サポート、資材提供、そのほか 全てのステージでいつでも安心サポート

*お問い合わせフォームによるお問い合わせはコチラから。

*直接お電話にてお問い合わせいただく場合は、お近くの営業所までお願いいたします。

ページの先頭へ