オススメ製品

カーテンスクリーンのあるべき姿を追求しました… LSスクリーン

施設園芸先進国オランダで選ばれるLSスクリーンとその歴史

20年前のオランダでは、ほとんどトマト生産者は「スクリーン」を導入していませんでした。その理由は、(それにより)光が少なくなってしまうと思われていたからです。また、「スクリーン」を利用することでハウス内の湿度が高くなってしまうことも気がかりなことでした。

しかし、約10年前にエネルギー価格が高騰したこともありトマト生産者が「スクリーン」の導入をはじめました。現在ではほとんどすべての生産者が、必須の資材として「スクリーン」を導入もしています。それはエネルギーコスト削減の目的のみでなく「スクリーン」導入により今まで以上にきめ細かな環境制御ができるようになったからです。

現在オランダではトマト生産者をはじめ、環境制御にシビアな多くの生産者にLSスクリーンが選ばれています。

ページの先頭へ