オススメ製品

今までと全く違う世界水準の環境制御 マキシマイザー

データ解析の重要性

マキシマイザーでは、栽培施設内外の環境データや機器の動作状況が逐次収集されパソコン内に蓄積されていきます。その量は膨大なものになります。 ただし、このデータをみても植物にとってどのような環境を実現できたかは確認できても、植物がどのように反応したかは判断できません。 つまり、環境データの確認とあわせて、生育調査が重要になります。 環境データと生育調査を逐次比較することにより、現在の環境と植物体の変化、さらには中長期的にみた生育や収量の予想もできるようになります。 これらのデータをもとにPDCA(Plan:計画、Do:実行、 Check:評価、 Act:改善)を実施することで継続的に植物栽培方法、環境制御方法を改善することができます。 また、マキシマイザー友の会に入会いただくと、自身の過去のデータや他の生産者とデータを比較したりすることもできます。

ページの先頭へ