オススメ製品

今までと全く違う世界水準の環境制御 マキシマイザー

ユーザー紹介

マキシマイザーユーザー紹介(1)

地区 広島県 C氏
作物 バラ
作型 ロックウール栽培
施設面積 43a

[導入動機]
今まで使用していた制御機器も気温と湿度を測定して制御ができましたが、特に湿度センサーの信頼性が低いという問題がありました。CO2に関しても測定をしていましたが制御は実施することができず、信頼できるセンサーと使い勝手の良い制御盤がないかと思っていました。そのようなときにオランダを訪問したところ、現地では制御盤ではなくコンピュータを利用して環境制御をしているという実態を目にしてその必要性を感じマキシマイザーを導入しました。

[評価]
まず、マキシマイザーの気温と湿度は通風式で測定するため、高い精度での測定が可能であると感じています。実際に気温の測定値を確認すると今まで使っていた露出型のセンサーとは値が異なり、現在はバラにとって適切な気温管理を実現していると思っています。CO2についても同様に高精度に測定ができることに満足をしています。 マキシマイザーではその測定値をグラフ化して制御できるので大変便利です。今まで以上にハウス内環境の「見える化」が可能になりました。マキシマイザーを制御しているパソコンをインターネットに接続していますが、遠隔操作ソフトを利用してタブレット端末(iPad)で自宅や外出先からでもハウス内の状況を確認して設定の変更ができるようになりました。これは本当に便利で夜にハウスに行く必要もなくなりました。

私のハウスには、ヒートポンプやパッドアンドファン、細霧装置、ナトリウムランプ等を導入していますが、今考えると効率良く制御できていたとはいえませんでした。例えばナトリウムランプについては、今までは単に夜の一定の時間に点灯、日の出ごろに消灯としていましたが、マキシマイザーを導入したことにより、前日の日射量をもとに点灯の有無を決め、消灯はマキシマイザーがその日の日の入り時間を自動計算して管理することができます。同様にCO2施用、カーテンの開閉も理想とする制御ができ、必要とするエネルギー投入だけで済むため今ではエネルギー利用の面でもムダがなくなりました。

当初はマキシマイザーにより地上部の管理を中心に取り組もうと思っていたのですが、今では灌水もマキシマイザーによる日射比例制御で行っています。今までのタイマーで行っていた方法よりも非常に効率的な管理ができます。またオランダの栽培アドバイザーに指導をいただいた灌水方法や培養液組成に変更することでバラの生育と品質が大幅に改善されました。マキシマイザーを導入する前は、地下部はロックウール栽培のため十分な制御ができていて、地上部の環境を最適化することで収量が向上すると思っていたのですが、最近は地下部の環境ももう一度見直すことで、さらなる増収が可能ではないかと思っています。

マキシマイザーユーザー紹介(2)

地区 栃木県 D氏
作物 トマト(品種:麗容)
作型 土耕栽培による促成長期栽培
施設面積 85a

[導入動機]
以前から各種センサーでハウス内の温度や湿度、CO2を測定していましが、さらにリアルタイムに正確に把握したいと思っていました。また、CO2発生装置や細霧装置を導入する場合には個々の制御盤が必要になりますが、一括で制御できる方法を模索していました。色々と環境制御の技術を勉強して実施していくと、光合成を高めるためには光強度に応じて温度やCO2濃度、カーテンの開閉などを制御することの必要性を感じ、これらをすべて実施できるマキシマイザーの導入を決めました。

[評価]
コンピュータによる環境制御はいずれ必要になると思っていました。導入を検討していたときには今の自分の技術で使いこなせるかという不安もありましたが、すぐに慣れました。まず、マキシマイザーを導入することで自分が理想とする環境を創造することが楽になりました。今までは個々の制御盤同士の連動がなかったため、除湿時の天窓開閉や、強日射時のカーテン開閉を手動で操作することもありました。 ハウス内のマキシマイザー制御専用パソコンをインターネットに接続しておくことで、遠隔操作ソフトを利用して家のパソコンやスマートフォンからもハウス内の環境状況や機器の動作状況を確認、設定することができます。自宅とハウスが少し遠いため、今までは初冬などの季節の変わり目には、どのタイミングでカーテンを閉めるかを確認するために夜に数回ハウスに行っていましたがそれが必要なくなりました。 マキシマイザーを導入した結果、ハウス内環境と機器の制御の関連性が明確になり、今まで気づかなかった課題も多くでてきましたが、今までより短時間でそれらの解決を実施できるようになりました。なぜなら、マキシマイザーでは制御ソフトのプリバオフィスにすべての設定、環境情報、機器動作のデータが集積されるからです。これを繰り返していくことが収量向上、生産性向上につながると思っています。

マキシマイザーによる環境制御を実施する上で色々な問題もでてきました。ひとつは現在のハウス構造の問題です。まず換気窓が片天窓のため風向・風速に合わせた温度管理や除湿が難しいと感じています。また現在のハウスの軒高は4mですが、もっと高い方が環境を制御しやすいと感じています。これらの問題点については次にハウスを建てる機会があれば改善をして、トマト栽培に適した施設を建設したいと思っています。
マキシマイザーの導入による当初の目的は収量向上、効率的なエネルギー利用でした。マキシマイザーでは目標とする湿度を維持するために効率良く積極的な除湿を実施することができますが、それを実施した昨年度の栽培ではまったく果実の灰色かび病が発生しませんでした。これには驚きでした。

ページの先頭へ