オススメ製品

植物本来の“力”を覚醒させる ペンタキープ 光合成の素を増やす新機能性肥料 5-アミノレブリン酸配合で光合成能力UP!

ペンタキープの作物への作用

ペンタキープの5-ALAでクロロフィルを増やす!

5-ALAはクロロフィルの前駆体として直接クロロフィルになるだけでなく、クロロフィルの合成をも制御しています。
また、5-ALAからクロロフィルになる場合マグネシウム(Mg)が必要になります。ペンタキープにはMgも配合しています。

葉の緑色はクロロフィル(葉緑素) クロロフィル(葉緑素)の合成経路 5-ALA プロトポルフィン (+Mg) クロロフィル

ペンタキープ施用で光合成能力向上

水と二酸化炭素と光エネルギーを使って、酸素と糖を作る

光合成産物の転流促進

水と二酸化炭素と光エネルギーを使って、酸素と糖を作る

糖の転流を促すから、さらに多くの光合成が行えるね

硝酸還元酵素の活性向上

植物の体内で硝酸(NO3 )の還元を促進し、肥料の効果を高めます。
葉中のNO₃濃度も低下 【植物体内での窒素(N)代謝】 硝酸 5-ALA アンモニア グルタミン グルタミン酸・・・
葉中のNO₃濃度も低下 【植物体内での窒素(N)代謝】 硝酸 5-ALA アンモニア グルタミン グルタミン酸・・・

耐塩性・耐寒性の向上

5-ALAを施用すると、葉・根に多糖類(フルクタン等)が蓄積し浸透圧を上昇させます。
また、塩害における光合成阻害を軽減する役割の植物体カタラーゼ活性を上昇させます。

通常 塩分 5-ALA施用 葉の浸透圧が高まると 耐寒性が高まる 根の浸透圧が高いと 塩分が入りづらい 耐塩性の向上 塩分

ページの先頭へ