オススメ製品

ハウス内環境の状況を知ることからはじめよう プロファインダー

プロファインダーをおすすめする理由

ハウス栽培では、植物の光合成速度を増大するために、温度・湿度・CO2・風速・養水分などの制御が重要となります。

6co2 +6h2o c2h12o6+6o2

ハウス栽培の問題点

これまでの日本のハウス栽培現場では、重装備なハウス栽培でも測定対象が温度だけだったり、環境制御の蓄積データがあまりに少なかったりと、ハウス栽培における不特定要素がほぼ解消されない状態での「環境制御」でした。

「設備や資材は作物の生産性を高めるために効率的かつ効果的に使用したい」、そのためには、まずハウス内環境の現状を環境測定器で把握することが必要であり、そうすることで初めて、目標とするハウス内環境の実現に向け各種機器をどう活用するかが重要になってきます。

ハウス内環境の「見える化」

ハウス内環境のモニタリング(見える化)を行うには、市販の測定センサーで表示される温度(最高・最低気温)や湿度(相対湿度)のデータだけでは不十分だと考えました。

そこで誠和は、複数の環境因子を数値化できる、施設園芸に「特化」した栽培システム「環境測定器“プロファインダー”」を開発いたしました。

プロファインダーの開発により、ハウス栽培における栽培環境の「見える化」が可能になりました。
ぜひ、みなさまのハウス栽培にお役立ていただきたいと思います。

 

 

 

次「植物生産・施設園芸に特化した測定装置」へ

ページの先頭へ